1. TOP
  2. 人間関係
  3. 会社で理不尽な上司や先輩に出会ってしまった時の対処法

会社で理不尽な上司や先輩に出会ってしまった時の対処法

理不尽な会社と上司

人見知りの人が会社などで理不尽な目に合うのは日常茶飯事でしょう。

かくいう私も理不尽な上司や会社に振り回されたこともありました。

「なんで自分ばかり我慢をしなければいけない?」

「こんなことをするために会社に入ったわけじゃない」

そんなことを考えても、反論したり自己主張できないのが人見知りの悲しい性ですよね。

そんな理不尽な目にあった時に使える対処法をご紹介します。

 

上司や先輩など人間が理不尽なケース

会社員やサラリーマン、アルバイト、パートなど、組織で働くという仕事は常に人間関係が付きまとってきます。

さらにクライアントやお客さんなど、その他大勢の人と対峙することもしばしば。

理不尽なことは人間同士のコミュニケーション上でよく起こります。

 

上司や先輩からの理不尽

一番多いのは、自分より身分が上の上司や先輩から言われることが多いですよね。

 

  • 思い付きで指示がコロコロ変わる
  • パワハラまがいのキツイ言動
  • 自分に甘く、他人のミスに厳しい
  • 責任を押し付ける
  • 手柄は自分のものにする

 

例えば、ほぼ完成間近の資料を気分で修正させたり、何かあるとすぐに「お前のせいだ」と言われたりですね。

そんなことが続けば仕事のモチベーションもなくなりますし、ストレスも溜まってしまいます。

 

取引先、お客さんからの理不尽

接客業や営業職であれば、取引先やお客さんとのやり取りが多いですよね。

世の中にはいろんな人間がいるもので、理不尽なことを平気で言ってくる人もいます。

 

  • 無茶な納期を迫ってくる
  • すぐに来いと呼びつける
  • 休日でも連絡してくる
  • 使用済みの商品の返品
  • 意味不明なクレーム

 

こういった理不尽さは、立場の違いによって生まれやすいといえます。

会社のポジション的に断れなかったり、勝手に行動することもできずに、ストレスが溜まります。

 

人間が理不尽な場合の対処法

まず人見知りの人は「理不尽なことを言われやすい」ということを理解しなければなりません。

人見知りオーラを普段から出している人は、

 

  • 頼みごとを断れない
  • 気が弱そうに見える
  • 言いやすい空気がある
  • 反論してこないと思われている

 

という風に思われていることが多いですし、外見的な雰囲気からも醸し出しています。

それを自覚した上で理不尽なことに対してしっかり対処しなければなりません。

 

右から左へ受け流す

一番簡単なのが、相手の言うことを真剣に聞かないということです。

「また変なこと言ってるよ」くらいに冷静に考えられれば、自分のストレスも少しはマシになります。

そもそもそういった理不尽な思考を持っている人と、真剣に向き合うこと自体が時間や体力の無駄遣いです。

とくに自分や仕事に支障のないことであれば、適当にあしらうのがいいですよ。

 

怒る相手には感謝

何も悪くないのに、理不尽に怒り出す人もいますよね。

こういう人に効くのが「ご指導ありがとうございます」という感謝の言葉です。

理不尽に怒る人の目的は「発散」なんです。

だから、反論したり謝ったりすると、逆効果でどんどん相手は調子に乗ってきます。

 

そういう時には、まったく想像もしていない「感謝で返す」というのが効果的です。

人は「ありがとう」と言われると無意識でも「嬉しさ」を感じるものなんです。

怒っている感情も「なんか、調子狂うなぁ」と、すぐに冷めてしまいます。

 

論より証拠を示す

理不尽に感じることというのは、たいてい「言った」「言わない」の水掛け論のケースが多いです。

そういう場合は、口頭で指示されたとしても、メールで文章として残すことで、あとで理路整然と反論できます。

何か指示があれば、「こういうことでよろしいでしょうか」とメールで確認しておけば、無茶ぶりされても「以前こう言いましたよね」と反論ができるというわけです。

 

仲間に相談する

人見知りだと仲間がいるのか心配ですが(笑)、話せる人が周りにいれば相談してみるのも一つの方法です。

人に愚痴を言うだけでストレスはかなり軽減されます。

また、その人が会社での身の振り方を教えてくれる場合もあります。

「あの上司にはこう対応したほうがいい」とか「あの人は言ったことはすぐ忘れる」など、会社の厄介者の攻略法が聞けるかもしれません。

「自分は一人じゃない」そう思えるだけでも心強いですよ。

 

そういうものと割り切る

そもそもこの世は生まれたときから「理不尽」の連続ではないでしょうか。

それは20年30年生きていればわかってきていると思います。

「人間ってそういうもんだよね」と思えれば、ほんの少しですが心は楽になるでしょう。

 

逃げ道を作っておく

理不尽なことを言われすぎて、本当に心が折れそうだったり、精神的に病みそうな場合は早めに逃げ道を作っておいた方がいいでしょう。

そのまま放っておいて鬱など患っては元も子もありません。

逃げ道というのは具体的には転職先を考えるということです。

実際に転職をしなくても、転職エージェントなどに登録しておいて、いろんな企業の情報を仕入れておくだけで、「もし辞めても次がいくらでもある」と思えれば、いざということきに決心ができます。

 

会社が理不尽なケース

ブラック企業

上司や先輩など個人が理不尽というよりも、会社全体の社風や雰囲気が理不尽というケースもあります。

いわゆるブラック企業というやつですね。

最初に就職した会社がブラック企業だと、「会社ってこういうものか」と洗脳にも似た状態になりやすいので気を付けなければいけません。

 

  • 仕事の量、時間の割に給料が低い
  • 残業が当たり前
  • 社風が体育会系のノリ
  • 有給休暇などが取れない
  • 軍隊のような管理体制が敷かれている

 

こういった会社は社員が辞めやすい環境になるので、慢性的な人手不足なども起こってしまい、どんどん環境は悪くなるばかりです。

 

会社が理不尽な場合の対処法

会社が理不尽な場合は、自分がトップにでも立たない限りは変えることは難しいでしょう。

そんな理不尽な会社なのに、「なぜ自分はまだそこにいるのか?」ということに、まず目を向けなければなりません。

 

お金のためと割り切っている

ほとんどの人間は働かないと生活ができないということがあります。

さらに結婚していたり、借金があったりする人は、なおのこと仕事を辞めるわけにはいきません。

そうやって割り切って働くことができれば、いくらかはストレスは軽減されるでしょう。

 

ただし、いつまでもそうやって心に負担をかけていると精神的に押しつぶされてしまう可能性もあります。

そういう場合は、失業期間ができるだけ少なくなるように、うまく転職する方法を見つけましょう。

転職エージェントではそういった相談もできるので、まずは専門家に相談するところから始めてはいかがでしょうか。

 

労働基準監督署に相談する

会社ぐるみの理不尽さは個人で解決するのはなかなか難しいでしょう。

それを良しとしている空気や、反論させない体制、報復人事など、理不尽に理不尽を重ねて対応してくるのがブラック企業です。

そういう場合は労働基準監督署に相談することも考えないといけません。

労働基準監督署への相談は匿名でできますから会社にバレるという心配はいりません。

>>全国の労働基準監督署を検索

 

それ以外にも残業代の未払いや、不当な解雇など、法律的に問題がある場合には法テラスなどの法律専門機関に相談もできます。

相談のみなら無料なので、気軽に相談することができますよ。

いざという時には、会社より立場や権利が上の機関に相談しましょう。

 

ただし、そのせいで会社が業績不振になったり倒産する可能性も考えて、自身の転職の道筋だけは一応見つけておくといいですよ。

 

さいごに

結婚しているから、ローンがあるから、貯金がないから、など理不尽な環境に身を置いているにも関わらず転職の選択をしない人がいます。

これは転職できない「言い訳」を自分に言い聞かせて、退職手続きの面倒さや、新しい環境になじむためのストレスから逃げていると言えます。

特に人見知りであれば、新しい環境に身を置くということはエネルギーがいることです。

しかし、これから10年、20年、今の理不尽な環境でいることが本当のあなたの幸せになるのでしょうか。

少しの勇気と未来の良いイメージを持つことができれば、抜け出せるのです。理不尽さから。

そのためには「どんな会社で働きたいのか」「どんな環境が好ましいのか」そういうイメージを持たせてくれる会社を探すことから始めましょう。

他の会社をみれば「あれ?自分の会社って相当おかしいよな」って気付けるはずです。

あなた自身が楽しい人生を送れるように最善の道を選択してくださいね。

 

今は人手不足の影響で、かなりの売り手市場になっています。

転職ってどうしても不安が多いのですが、実際に転職した人の8割以上は不満が解消されたと答えています。

転職満足度

出典:2017年転職後の満足度 |マイナビ転職

「希望の業界に行けた」「前職より給与アップした」「労働時間が短くなった」など、当たり前ですが、不満を感じていた部分を解消するために転職するので、待遇が良くならなければ意味がありません。

しかし、転職なんて何度もする人はいないですから、どうやって選ぶか難しい部分もあります。

しかも求人には都合のいい内容しか書いていないので、いざ入社してみたらブラック企業の可能性も・・・。

だから、求人だけでなく、その企業の内情を知ることが転職を成功させる決め手になります。

それができるサービスがキャリコネです。

?

10万件の企業の口コミがチェックできる

キャリコネに無料登録すれば、勤めていた社員による企業の口コミを見ることができます。その数なんと10万件以上!

給与ボーナス福利厚生などのお金のことから、残業休日出勤人間関係などの社内環境、面接時にどんなことを聞かれるかなど、気になる企業のリアルな裏事情がわかります。

企業の内情がわかれば、間違ってブラック企業に入る可能性は限りなくゼロに近づきますよ。

?

大手16社の求人サイトを一括検索&登録できる

転職サイトごとに求人を見るのは面倒ですよね。でも、「他の求人サイトにもっといいものがあるかも」と考えるのもわかります。

キャリコネでは、大手転職サイトの求人20万件以上を一括で検索できるので、日本中の求人を見られるといっても過言ではありません。

さらに、気になる求人を持っている転職サイトに同時に登録もできるので、そこから転職エージェント経由で有利な応募もできます。

企業の内情と優秀な転職エージェントを味方に付けたら最強ですよ。

>>キャリコネで気になる企業の内情をチェックしてみる

退職しづらい時は「退職代行サービス」

上司との関係が悪い、人手不足で引き留められる、ブラック企業でスムーズに辞められそうにない、などで退職をためらっている場合は「退職代行サービス」がおすすめです。

退職代行サービスは退職の意志を代理で伝えてくれて、退職の手続きも代わりに行ってくれます。頼んだその日から会社に行かなくても良いし、会社の人とも話さずに済みますよ。

詳しくは「退職代行サービスのすすめ」ページをご覧ください。

↓↓ブログランキングポチっとお願いします

\ SNSでシェアしよう! /

人見知りは自称が9割の注目記事を受け取ろう

理不尽な会社と上司

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人見知りは自称が9割の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

うちむー

うちむー

人見知り歴30余年の「うちむー」と申します。人見知りって自称する人は多いですが、人見知り度はそれこそ千差万別です。私は超が付くほど人見知りですが、治そうと思ったり、これでいいやと思ったりの繰り返しです。同じ悩みを持つ人と人見知り感覚を共有できればと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 退職代行がおすすめ→上司と不仲、無理な引き留め、ブラック企業体質など

  • HSP度をチェック!敏感で生きづらい気質を生かす3つのコツ

  • 仕事が大嫌いでも簡単に会社を辞めれない日本人気質がヤバい

  • くだらない仕事が増えるのは仕方ない?原因がわかれば考え方も変わる

この記事を読んだ人が興味ある記事

  • 仕事辞めたい!退職の判断に迷ったら考えたいこと&上手に伝える方法

  • 上司が嫌い、合わないのは偏った思い込みのせい

  • 職場で孤立する人の特徴と孤立しない対策や考え方

  • 仕事の悩みを相談する相手がいないと困ってる人見知りの対処法

  • 人見知りの人間関係の悩みは逃げることで解決する

  • 初対面が苦手な原因が「人見知り」なら戦い方を変えよう!