1. TOP
  2. 仕事
  3. 転職すべきか悩んだら「月給7割思考法」で考えてみよう

転職すべきか悩んだら「月給7割思考法」で考えてみよう

 2019/04/30 仕事
 
転職の悩み

今の仕事で本当に良いのか、転職したほうがいいのではないか、そう悩むことはありますよね。

転職する理由としては

転職する理由
  • 金銭的理由「給与が安いなど」
  • 時間的理由「休みがない、長時間労働など」
  • 個人的理由「飽きた、やりがいがないなど」
  • 精神的理由「いじめやパワハラを受けるなど」

大きく分けると上記のようになるでしょう。

そうは思っていても実際に転職に踏み切れないという人は「月給7割思考法」を試してみてはいかがでしょう。

【転職の悩み】月給7割思考法のやり方

 

月給7割思考法のやり方は、まず手取り月給の7割がいくらになるか計算します。

例)手取り24万円だとすると7割は168,000円になります。

そして、想像してください。

 

毎月ずっと手取りの7割にあたるお金が、働こうが働くまいが振り込まれます。

そして、今の会社にそのまま勤務した場合(もちろん真面目に)、手取りは今までと同じ金額(10割)もらえます。

つまり、「働かなくても7割もらえる」「働き続けたら10割もらえる」ということです。

また、制約として「手取りで足りない3割を補填するためにバイトはしてもいい」が、「転職して別の会社の正社員になった場合は、その会社の10割しかもらえない」こととします。

 

まとめると

月給7割思考法
  • 今の会社を辞めても毎月手取りの7割は必ず振り込まれる
  • 今の会社を続けたら手取り10割は変わらない
  • 今の会社を辞めて、足りない3割を補填するためのバイトはOK
  • 別の会社に転職した場合、転職先の手取り10割のみになる

 

ちょっとベーシックインカムに似ていますが、7割というのは結構多いですよね。

独身ならこれで十分生活できますが、結婚したりするのは難しいかもしれないですし、家族を養うなら足りないかもしれません。

そういったことを踏まえて、自分ならどうするかを考えてみましょう。

 

要するに、今の仕事に「手取り3割増やすだけの価値があるか」という問いだよね

そうするとだいたい以下のような選択肢が生まれてきます。

 

選択し
  • 今の会社に勤めて手取り10割もらう
  • 無くなった手取り3割を補填するためにバイトをする
  • 別の会社に転職する
  • 仕事を辞めて一切働かない

 

それぞれについて考えてみましょう。

 

【転職しなくていい人】今の会社に勤めて手取り10割もらう

「今の会社に勤めて手取り10割もらう」を選択した人は、転職する必要はないでしょう。

たった3割の手取りを増やすために、今の仕事でいいと考えているわけですから、些細な不満はあるものの転職するほどのことではないということです。

もしお金のためだけに働いているのであれば、手取り3割を補填するバイトのほうが圧倒的に楽ですからね。

それをしないってことは、今の会社に少なくとも「お金以外の何か」の価値があると考えているということです。

 

【転職を検討してもいい人】手取り3割を補填するためにバイトする

手取り3割が無くなったから、その分だけ補填できるバイトをすればいいと考えた人は、転職を検討してもいい人です。

手取りの3割を補填するバイトだとすれば、週3~4日働けばいいし、遊びながら暮らしていけると考えたかもしれません。

しかし、本質はそこではなく、これは「今の会社にお金以外の価値を見出せなかった」ということなんです。

これを選んだ人は、本当は仕事に対してやりがいや楽しさ、自己成長を見出したいと考えている人です。ただ、今の会社は給料にそこまで不満はないけど、どこか物足りないと思っています。

だから、とりあえず手取りが減らないように、バイトでもしようと考えたわけです。

これは「バイトのほうが楽」と思ったのではなく、「今の会社にどこか不満がある」という潜在意識を持っていることの現れなのです。

 

【転職すべき人】別の会社に転職する

別の会社に転職すると考えた人は、今すぐ転職活動を始めてもいいくらいです。

これは単純に3割手取り給料が減ったら、今の会社にいる価値はないと考えているということです。

つまり、「ちょっとしたキッカケさえあれば、今の会社を離れてもいい」と思っています。

この選択をした人は、仕事の目的が「お金」のためだけでなく、やりがいや社会貢献、自己成長のためでもあると考えている人です。

なぜなら、お金のためだけならバイトをしたほうが楽に決まっているからです。なのにバイトを選ばなかったということは、仕事にお金以外の価値を見出したいという価値観をもっているわけです。

逆に言えば今の会社には「お金」以外の意味が見出せずにいると言ってもいいでしょう。

 

退職を言い辛い場合は以下の記事にある「退職代行」サービスを利用する方法もあります。

 

【転職すべきでない人】仕事を辞めて一切働かない

手取り7割が無条件でもらえるなら「仕事なんてしなくていい」と思っている人は、転職すべきではありません

このように考える人は「仕事=お金」と考えている人で、お金のために働いていると言えます。

つまり、今の会社で働く目的は「お金」のためであって、それ以外の理由はないということです。

裏を返せば、お金さえもらえれば働くし、仕事に見合ったお金が入るならどこでもいいというわけです。

この場合、今の会社によほど不満が無い限りは、どこにいっても同じなので今の会社にとどまって、少しずつでも昇給していくほうがいいでしょう。

職を転々としてしまうと、一向に給料は増えずに苦しむ結果になってしまいます。

また、変に転職活動なんかして、失業保険が入る期間は遊びほうけてしまし、フリーターやニートになる可能性すらあります。

私は完全にこの選択するなぁ・・・
働かなくていいなら働きたくないもんね、働く意味とか考えたことないw

 

人によって働く意味が違う

転職をすべきか悩むというのは、結局は自分の本当の心に向き合っていないんじゃないかと思います。

「今転職したら会社に迷惑がかかる」「転職活動している間のお金が心配」「転職したってやりがいなど見出せない」そんなことを考えている「時間」のほうがもったいないですよ。

 

例えば、明日自分が交通事故で死んでも会社は何とかやっていくでしょう。つまり、転職して迷惑かけても会社は何とかします。

少しの間、お金が無くなってもお金は後でいくらでも稼げますし、日々過ごすだけなら日雇いのバイトだっていいんです。

仕事にやりがいを見いだせない人なんていくらでもいます。だったら、自分の幸福のための優先順位を考えたらいいんです。

 

時間は失ったら戻せませんから、不毛な悩みの時間はできるだけ短い方がいいに決まっています。

他人のことは一切考えなくてもいいし、自分がどうありたいかを考えましょう。

 

今は人手不足の影響で、かなりの売り手市場になっています。

転職ってどうしても不安が多いのですが、実際に転職した人の8割以上は不満が解消されたと答えています。

転職満足度

出典:2017年転職後の満足度 |マイナビ転職

「希望の業界に行けた」「前職より給与アップした」「労働時間が短くなった」など、当たり前ですが、不満を感じていた部分を解消するために転職するので、待遇が良くならなければ意味がありません。

しかし、転職なんて何度もする人はいないですから、どうやって選ぶか難しい部分もあります。

しかも求人には都合のいい内容しか書いていないので、いざ入社してみたらブラック企業の可能性も・・・。

だから、求人だけでなく、その企業の内情を知ることが転職を成功させる決め手になります。

それができるサービスがキャリコネです。

?

10万件の企業の口コミがチェックできる

キャリコネに無料登録すれば、勤めていた社員による企業の口コミを見ることができます。その数なんと10万件以上!

給与ボーナス福利厚生などのお金のことから、残業休日出勤人間関係などの社内環境、面接時にどんなことを聞かれるかなど、気になる企業のリアルな裏事情がわかります。

企業の内情がわかれば、間違ってブラック企業に入る可能性は限りなくゼロに近づきますよ。

?

大手16社の求人サイトを一括検索&登録できる

転職サイトごとに求人を見るのは面倒ですよね。でも、「他の求人サイトにもっといいものがあるかも」と考えるのもわかります。

キャリコネでは、大手転職サイトの求人20万件以上を一括で検索できるので、日本中の求人を見られるといっても過言ではありません。

さらに、気になる求人を持っている転職サイトに同時に登録もできるので、そこから転職エージェント経由で有利な応募もできます。

企業の内情と優秀な転職エージェントを味方に付けたら最強ですよ。

>>キャリコネで気になる企業の内情をチェックしてみる

退職しづらい時は「退職代行サービス」

上司との関係が悪い、人手不足で引き留められる、ブラック企業でスムーズに辞められそうにない、などで退職をためらっている場合は「退職代行サービス」がおすすめです。

退職代行サービスは退職の意志を代理で伝えてくれて、退職の手続きも代わりに行ってくれます。頼んだその日から会社に行かなくても良いし、会社の人とも話さずに済みますよ。

詳しくは「退職代行サービスのすすめ」ページをご覧ください。

↓↓ブログランキングポチっとお願いします

\ SNSでシェアしよう! /

人見知りは自称が9割の注目記事を受け取ろう

転職の悩み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人見知りは自称が9割の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

うちむー

うちむー

人見知り歴30余年の「うちむー」と申します。人見知りって自称する人は多いですが、人見知り度はそれこそ千差万別です。私は超が付くほど人見知りですが、治そうと思ったり、これでいいやと思ったりの繰り返しです。同じ悩みを持つ人と人見知り感覚を共有できればと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 退職代行がおすすめ→上司と不仲、無理な引き留め、ブラック企業体質など

  • HSP度をチェック!敏感で生きづらい気質を生かす3つのコツ

  • 仕事が大嫌いでも簡単に会社を辞めれない日本人気質がヤバい

  • くだらない仕事が増えるのは仕方ない?原因がわかれば考え方も変わる

この記事を読んだ人が興味ある記事

  • 人見知りだからこそ社会人に必須なコミュニケーション能力がある理由

  • 初対面が苦手な原因が「人見知り」なら戦い方を変えよう!

  • 人見知りに向いてる職種はどれ?意外に人と触れ合う職業もアリ

  • 仕事のミスで責任を取るのは逃げでしかない!その時やるべき行動とは

  • 仕事に慣れない原因は3つ!最速で仕事に慣れるための具体策

  • くだらない仕事が増えるのは仕方ない?原因がわかれば考え方も変わる